archive: 2018/8

MVP行列による座標変換について

はじめに

前回の記事で頂点シェーダでの座標変換の話が出てきました。 多くの場合、頂点シェーダでは入力の頂点座標にMVP行列を掛ける作業を行います。 今回の記事では、このMVP行列についてざっくり解説を行います。

まず最初に行列の導入と行列による座標変換を紹介します。 その後、Model行列、View行列、Projection行列の順で説明していきます。

続きを読む

ノンマップとマップの再構築

以前記事にした 「ロードライト・フェイス」というゲームはノンマップを謳うゲームである。 今回はその「ノンマップ」のRPGについて考えてみる。

はじめに断っておくが、私はRPGやフリーゲームの経験が浅い。 ノンマップを謳うゲームも「ロードライト・フェイス」がはじめだった。

そんな私がはじめて「ロードライト・フェイス」をプレイして思ったのが、 「本当にノンマップなのか?」ということである。 簡単にいうとダンジョンRPGの一方通行バージョンと見ることもできるのではないかと思ったのだ。

続きを読む

記事の更新方針

このブログは更新頻度が低いが、その理由の1つに どのくらいのレベルから記事に書いてよいのかわからないというのがあった。

このブログを作ったときは、普段Unityをいじって遊んでいるので、 そこで得たものを記事にしていこうと考えていた。 しかし、先に上げたUnityのMeshを作る話などは、 UnityのAPIドキュメントを読めば分かることだ。 わざわざこのレベルの記事を書くまでもないのではないかと思っていた。 そうやって記事にする題材のハードルを上げていたため、結局何も書いていない状況だった。

しかし思い返してみればUnityを触り始めた頃はドキュメントを探すのも手間取ったりしていたので、 前回のレベルの記事でも役に立つ人には役に立つだろうと思い直し記事にした。

役に立つ記事を書こうと意気込んで何も書かないよりも、 大量に適当な記事を書いたほうがよいだろう。 その中のいくつかは誰かの役に立つかもしれないのだ。 そんなわけで今後は小粒の記事を書いていく方針で行こうと思う。 負担にならない範囲で軽めの記事を数を上げていきたい。

UnityでMeshをスクリプトから作る

はじめに

3DCGは基本的には三角形の集合体であるポリゴンがベースで作られています。 そのため3DCGの理解にはポリゴンの理解が必要になってくるでしょう。 この記事では、Unityでスクリプトからポリゴンを作成する方法を紹介します。

Unityのバージョン: 2018.2.5f1

続きを読む

3DCG関連の電子書籍技術書を購入した

先日、3DCG関連の技術書電子書籍をまとめていくつか購入しました。 まだサラッと流し読みをしただけなのですが、せっかくなので買った本の雑な紹介をします。

各書籍名の見出しが購入ページへのリンクとなっていますので、気になった方は購入してみてください。 ただし、流し読みしただけなので 紹介が見当違いだったりするかもしれません。ご注意を。

続きを読む