archive: 2018/11

お絵かき人物の頭髪練習

はじめに

これまではなんの目標もなく気の向くままに創作をしてきましたが、 なにか目標を持ったほうがよいだろうということで、 ゲーム制作を見据えて創作活動をやっていこうと思いました。

ゲーム制作となると立ち絵などのキャラクターイラストは必須です。 これまでのお絵描きではキャラクターイラストをメインにはしてきませんでした。 というのもキャラクターイラストには苦手意識があったからです。

頭部のアタリとして丸描いて十字線描いて、さて、そこから先を 一体どうすればよいのだろうってなりません? 私はなります。 頭部のアタリを書くところまではよくても、それに髪の毛を描き足そうとすると どこからどのように手を付けていいのかわからず、 適当に描いても変な感じになってしまいます。 そこで今回は気合を入れて人物の髪の毛の練習をしてみることにしました。

続きを読む

UnityのLWRPで_CameraOpaqueTextureを利用してGrabPassのようなことをする

はじめに

Unityの従来のレンダーパイプラインではGrabPassという特殊なパスを利用して それまでにレンダリングした絵をテクスチャとして利用できました。 LWRPを含むSRPではGrabPassが使えなくなります。 LWRPではGrabPassの代替として_CameraOpaqueTextureというものが用意されています。 このテクスチャをShader Graphから利用してみます。

  • Unity:2018.3.0b8
  • LWRP:4.1.0-preview

続きを読む