tag: Unity

UnityのHDRPでのGrabPassの代替表現

はじめに

Unityの従来のレンダーパイプラインではGrabPassという特殊なパスが存在しました。 このパスを利用することで、それまでにレンダリングした絵をテクスチャとして利用できました。 このパスを利用することで屈折表現やその他特殊な表現を実装することもありました。 このパスは便利だったのですが、 LWRPやHDRPなどのSRPではGrabPassが廃止されてしまいました。 今回はHDRPでのGrabPassの代替表現について軽く調べたのでまとめます。

  • Unity : 2019.2.0b1
  • HDRP : 6.7.1-preview

続きを読む

UnityのLWRPで_CameraOpaqueTextureを利用してGrabPassのようなことをする

はじめに

Unityの従来のレンダーパイプラインではGrabPassという特殊なパスを利用して それまでにレンダリングした絵をテクスチャとして利用できました。 LWRPを含むSRPではGrabPassが使えなくなります。 LWRPではGrabPassの代替として_CameraOpaqueTextureというものが用意されています。 このテクスチャをShader Graphから利用してみます。

  • Unity:2018.3.0b8
  • LWRP:4.1.0-preview

続きを読む

UnityでForwardのライトに対応したLambert反射モデルのシェーダを作成する

はじめに

以前に作ったUnityのシェーダはUnityのライトには反応せず 常にプロパティで与えた方向の光が当たるものでした。 このままではシーンに配置されたライトには反応してくれません。 そこで今回はUnityのForwardのライトに対応したLambertシェーダを作ってみます。 適宜Unityで用意されたマクロを利用しますが、そのマクロの中身についても見ていきます。

マクロについてはドキュメント化されていないものも多く、推測が多数含まれています。 また、私自身の知識が足りていないことによる誤りも多数含まれていると思われます。 この記事を参考にする場合は自己責任でお願いします。

  • Unityのバージョン: 2018.3.0b5

続きを読む